TOEIC 単語帳は金のフレーズ一択。内容と最高の使い方を紹介!

 

今回はTOEICの単語対策に必須の金のフレーズについて、概要から使い方まで紹介していきます。

 

金のフレーズではTOEICで圧倒的に重要な、TOEIC用の英単語を効率よく学ぶことができますのでTOEICを勉強する方は確実に手に入れましょう。

スコアを上げるために最も重要!TOEICのテスト範囲を知れ!

 

TOEIC 出る単語特急 金のフレーズとは

金のフレーズはTOEICのために作られた、TOEIC専用の英単語帳です。

 

掲載されている単語は全てTOEICでよく出てくるものを厳選しており、ある程度の基礎さえあればTOEIC英単語はだいたい網羅できるすばらしい単語帳です。

名前の通りTOEICでよく出るフレーズとともに単語が掲載されています。

 

Amazonではベストセラーとなっており、TOEICの勉強のためには必須の一冊です。

 

金のフレーズに掲載されている単語は、著者のTEX加藤さんが何度もTOEICを受験することによって絞り出されたもので、本当に本番でよくみるものばかりです。

 

金のフレーズは単語帳としては珍しい、日本語⇨英語という体裁を取っています。

 

このような感じで、先に日本語を見て英語を考えるのですね。

実はこれは英語から日本語を考えるよりも大変なので、最初は大変に感じるかもしれません。

しかしこれに慣れてくると英語から日本語よりも長期的に覚えることができます。

 

役に立つフレーズとともに学べる

そして金のフレーズは単語だけではなく、フレーズも同時に書いてあり、文章の流れの中で英単語を覚えることができるので、単純な暗記よりも実践的で本物の英語力をつけることができます。

 

このフレーズもTOEICで見かけることが多い文章となっていて、単語だけでなくTOEICの定番の文章まで勉強できるのでかなり効率的です。

 

TOEIC本番でも金のフレーズの内容を押さえておけば、「あれ?これ知ってるぞ?」という文章も出てきます。

 

そして単語の解説欄もとにかくTOEIC向けになっていて、TOEICのために意識しておくべきことがたくさん書いてあるのでTOEICには最適です。

 

TOEICに必要な単語は網羅している

単語の網羅性に関しても十分だと思います。

筆者が860をとるまでに使った単語帳は中学レベルのものと金・銀のフレーズ(以下で紹介)だけです。

 

TOEICの単語は金のフレーズをしっかりやっておけば8割以上は確実にわかるようになってくるので、TOEICの単語は金のフレーズだけでも十分と言えるでしょう。

 

もちろん載っていないのもでてきたりはしますのでそこはそれぞれが問題集などから情報収集するしかないでしょう。

 

優れた音声付き

 

金のフレーズにはスマホアプリでダウンロードできる音声が付属しています。

 

金のフレーズ内の英文を読み上げてくれますが、これを利用することで単純に思い出すだけでなくリスニングの対策としても有効です。

音声はアメリカ英語とイギリス英語で収録されていてTOEICに非常に役立ちます。

 

後に紹介しますが、この音声を利用することで効果的な勉強が可能になります。

 

低難易度版 銀のフレーズ

実は金のフレーズ以外に銀のフレーズというのもあります。

 

こちらも同じ著者で同じ形式のTOEIC向け単語帳ですが、難易度がやさしめで初心者向けの単語帳となっています。

 

金のフレーズはある程度基礎がある人向けなので、不安な方は銀のフレーズでより簡単な部分を学んでから金のフレーズを使うと良いでしょう。

単語数は金と銀合わせて2000個くらいになりますので、TOEIC単語がかなり身につきます。

 

また銀のフレーズの単語は金のフレーズの4/1くらいと被っているので、銀のフレーズが終われば金のフレーズにスムーズに移行できます。

被っている単語もフレーズの部分は微妙に変えられていて、復習にも効果的です。

 

TOEIC勉強における単語の重要性

TOEICに限らず、英語の勉強では単語は非常に重要です。

 

単語というのは英語の勉強をする上での基礎となる部分で、単語が欠けてしまうということはその後の勉強に大きな悪影響を及ぼしてしまいます。

 

TOEICでも単語は非常に重要で、全ての勉強を効率よく進めるためには単語を先にやるのが最善です。

 

先に単語をやらないと勉強効率が悪くなる

 

例えば、先にTOEICの文法対策をしようとして参考書の問題を解いてみるとしましょう。

そこで知らない単語が出てきてしまうと、文章のイメージがつかめず文法に集中などできなくなってしまいます。

 

そうなると、そこで一旦その単語を調べて再開することになります。

しかしその単語をチェックしたつもりでも、その程度ではしばらくすると忘れてしまうので、結局また同じミスを繰り返し、時間を無駄に過ごすことになります。

 

これではよくないですよね。

こんなことになるのであれば最初から単語をやっておいた方が良いです。

 

また、私はたまにTOEICでスコアを取るにはどうしたらいい?と聞かれることがありますが、そういうときは絶対に金のフレーズをやれ!と言います。

しかし、多くの人が単語を覚えるのは大変なんだよね〜といって、問題集にチェックしながら勉強していたようですが、全くスコアはあがりませんでした。

 

なのでこの記事を見ている方には、是非とも金のフレーズをサクッとマスターして頂きたいなと考えています。

 

TOEICの勉強は狭く深くが基本で、TOEICに必要な英単語の範囲も少ないです。なので覚えるのに一ヶ月くらい費やせば全部覚えられると思いますよ。

 

基礎となる単語をマスターすれば、その後の問題演習などでは単語に気を取られず他に集中できます。TOEICの勉強では単語は非常に重要なのです。

 

金のフレーズの使い方

単語の覚え方

 

金のフレーズに限らず英単語を覚えるということにおいて言えることなのですが、覚えるにはしっかりと記憶法を意識していかないと長期的に覚えていることができません。

 

単語を覚えるということは記憶するということが全てですが、すぐに忘れていては意味がないのです。

 

長期記憶を意識する

 

単語をしっかりと忘れないようにするには、長期記憶というものを意識する必要があります。

 

どういうことかというと、人の記憶には記憶しておけるものの期間によって、大まかに長期記憶短期記憶というものが存在しています。

 

長期記憶というのは何度もやってきて忘れない習慣だったり、慣れた仕事場での動き方だったり少し離れただけではほとんど忘れない記憶のことです。

それに対して短期記憶というのは一番イメージしやすいのが一夜漬けの勉強です。

 

そしてTOEICでは、長期記憶をしっかりとできるようにしていかなければなりません。

TOEICで扱う単語はそれなりに多いので、ちょっと勉強して覚えた気になっていると本番までは覚えていられないでしょう。

 

またTOEICは問題数が多いのでサクサク解いていく必要があります。なのでいちいち思い出している時間もないのです。

単語帳を一通り見たという程度では、覚えていられないのではっきり言って何も進んでないです。

 

ではどうすれば長期的な記憶ができるでしょうか。

それはやはり何度も何度も単語を見て刷り込んでいくしかありません。

 

一回確認した程度では一週間後にはほとんど忘れています。

何度も繰り返し同じ単語の勉強をすることで、すぐには忘れない長期的な記憶が可能になってくるのです。

 

金のフレーズによる効率的な勉強法

ここまでのお話だと、とりあえず長期的な記憶が必要ということを理解していただけたかと思います。

そこで受験生みたいに必死に覚えるしかないということか?と思われるかもしれません。

 

まあ、実際に勉強なので半分はその通りと言えます。

ある程度根気強くやらなければスコアは伸びません。

 

しかし、金のフレーズをうまく使うことで、最小限の時間で効率的に覚える方法があります。

金のフレーズの効果的な使い方

 

1.まず単語を一通り確認する

 

まずどんな単語があるかを単語帳を見ながら確認します。

この時全てだと大変なので、大体50〜100個の単語に区切って見ていきましょう。

 

これを何周か確認します。

解説もしっかり読みこんでいきます。ここで短期的な記憶が少し作られるはずです。

 

2.単語をテストして音声も確認する

 

何回か単語を確認した後、付属の赤シートなどで単語を隠してテストしていきます。

これを何回かやります。

 

この段階で何度も間違えるはずですが、それが印象付けになりどんどん記憶していきます

そしてこれがある程度終わったら、今度は音声を聞きながらテストをしていきます。

 

音声は、英単語→日本語フレーズ→英語フレーズという順番で流れていきますので、最初に英単語が発音された時に頭の中に意味を浮かべましょう。

これを何度も繰り返します。

 

この音声が非常に重要です。

これを利用すれば移動中でも単語テストを繰り返すことができ、リスニングの対策にもなるので、TOEICの勉強としては非常に効果的なのです。

 

3.何度も繰り返す

 

覚えられるまで何度も単語テストを繰り返しましょう。

ここまでの過程をある程度繰り返したら長期記憶ができてきます。

 

そして最初の50〜100個をマスターしたら、すぐに次の100個で同じ工程を繰り返しましょう。

ここで重要なのが、最初の100個の復習も挟みつつやるということですね。

 

ある程度覚えても一週間後にはそれなりに忘れてしまうので、最初に覚えた部分も再びテストして忘れているところをしっかりと復習していきましょう。

 

ここまでの繰り返しで最終的にすべて覚えていきます。

 

4.音声を最大限に活用してより効率的な勉強を

 

3まで繰り返すことだけでも十分に単語を覚えていくことができるでしょう。

しかし、さらに金のフレーズならではの最高の学習法があります。

 

それは音声の倍速再生を利用することです。

1.1〜2倍まで設定できますので、これを利用することで圧倒的に効率がよくなります。

 

1.1から始めて、慣れたらさらに早くしていき、最終的に2倍速で聞き取ることを目指します。

 

実はこれがすごい効率を実現してくれるのです。

先ほど音声による単語テストの方法を紹介しましたが、単純にそれを2倍のスピードで行えるんですね。

 

何もしていない場合と比べて、2倍の速度で英語を刷り込んでいくことができるのです。

音声だけで単語テストができるというのもすごいのですが、さらに二倍の速度で勉強が進むのでものすごく効率的です。

 

実際にやってみると実感できるでしょう。

そしてさらに、倍速での再生はリスニングの対策としても非常に有効で、慣れてくると通常のスピードの再生では遅く感じて聞き取りやすくなっているのです。

 

音声を使用した勉強は素晴らしいメリットが多いので、ぜひ試してみてください。

金のフレーズの良さを再確認

 

  • TOEICに完全に最適化された単語帳
  • フレーズごと見ることで単語だけではない力も身につく
  • 音声だけでテストを繰り返せる
  • 倍速にしてさらに効率を高めることができる
  • リスニング対策にもなる

 

これらのことを意識して勉強に臨めば、単語においては飛躍的に伸びます。

単語はスコアに直結する部分なので試してみてください。

(銀のフレーズも全く同じです。)

 

 終わりに

 

今回は金のフレーズについてのお話でした。

TOEICにおいては最高峰の単語帳なので、絶対に手に入れてくださいね。

 

金のフレーズは非常にコンパクトで安いです。とても手軽に買うことができ、持ち出せます。

音声も本当に優秀で、効率よく勉強が進んでいきますよ。