TOEICや英語習得のために考えておきたいこと

 

こんにちは。

みなさんはTOEICで点数を取るために今までの受験英語のような考え方で臨んでいませんか?

もしそうであれば、考え直した方がいい部分もあるかもしれません。

 

今回は一応知っておいてほしい、受験英語の過ちとTOEICの価値についてお話ししておきましょう。

 

受験英語は英語の本質を見あやまらせるとんでもない過ちを犯しています。

なのでその勉強ばかりしてきた方はもしかしたら英語に対して間違った認識をしているかもしれません。

それ自体は仕方がないことなのでこの記事で確認していきましょう。

 

またTOEICの価値というのは、TOEICで高得点をとったところで全く話せるようにはならないという噂についてです。

 

日本的英語教育の過ち

 

受験や学校の授業での「日本的英語教育」は、はっきり言ってあてになりません。

一般的には受験英語や学校英語と呼ばれているものです。

大学受験レベルの英語を指しています。高校で習うものですね。以下から受験英語は全てその意味です。

 

TOEICでも受験英語的な考え方は足かせにしかならないので気をつけましょう。

 

受験英語はパズルだった

実は受験英語は英語パズルだったのです。

そう言われてピンときますか?

言語とはなにかをほんの少し掘り下げて考えてみればわかることです。

 

まずは受験英語は本当に英語を話すために必要な勉強とは掛け離れていることについてお話ししましょう

日本の受験英語は英語が話せるようにはなりません。

それは習う知識が無駄な事ばかりだからです。

 

日本語でも例えることができます。

例えば、みなさんが日常で会話している時は、意識しているしていないに関わらず以下の二つのどっちの傾向があると思いますか?

  • 難しい言葉や表現を使って長い文章を語る。
  • 相手が理解しやすいシンプルな言葉や表現を使い、簡単に済ませられるところは短い文で済ませる。

これだと間違いなく後者だと思います。

 

話している時にわざわざ論文を読み上げるような口調や言葉を使ってダラダラと語る人はいませんし、常に詩人のような変な表現技法を使って話す人もいません。

逆にそれを相手にやられたらイライラしますね。

ということは基本的にはシンプルな文章やわかりやすい言葉選びなどを普段から使っていると言えるでしょう。

というか話すならそっちの方が楽でいいですよね?

 

鋭い方は気づかれたかも知れませんが、これが受験英語と普通の言語としての英語の違いでもあります。

 

受験英語で教えていることは前者なのです。

実用的でもない難解な文法や年に数回しか使わない単語を必死に暗記しているのが受験英語です。

実は英会話というのは単語レベルも文法も大半は中学レベルの簡単なものたちです。

むしろネイティブほど簡単な文章を使っています。

 

日本語でも簡単な文章を使っているというのは同じです。

私が書いているこの記事だって全然難しい言葉や表現はしていませんが、それはわかりやすさと書きやすさを意識すれば自然とそうなるものです。

考えなければ頭に入って来ない文章なんて誰も読みたくないですよね?

 

もうこれはどの言語でも言語の基本として、簡単でシンプルなものをメインで使うというのは確実に存在しているのです。

なので全く実用性がない、マニアックな英文法や単語まで暗記する日本の受験英語はほとんど意味がないのです。

日本語でも同じことは想像できますね?

 

そして受験英語にはさらに大きな問題があります。

それは一つの答えしか認めないことです。

 

こんなことを経験・目撃したことはありませんか?

  • イエスノーで答えられるような問題にYes!!と書いたら最後まで書けと❌になる
  • 英語の試験は教科書の暗記をすれば点数が取れる
  • 発音をよくすると笑われる

 

こう言うことは学校ではありますよね??

これがとんでもない問題なのです。

 

こちらも日本語で考えるとわかりやすいです。

例えばレストランでお皿が欲しい時、店員さんに尋ねる時に何通りの表現が浮かびますか?

  • お皿が欲しいです。
  • お皿を頂けますか。
  • お皿ってありますか〜?
  • 皿。

などまだまだありそうですね。

英語も全く同じことで、相手に伝える方法はいくらでもあります。

  • May I have a dish?
  • I’d like a plate.

でもなんでも通じればいいですよね???

 

なのに学校で習うものは一つの答えだけを丸にして、「伝わるんだからいいじゃんか」という言い訳を一切受け付けません。

これではシンプルにいろんな表現をするという思考は身に付くはずもなく、なにか確実に正しい答えを探してしまいます。

 

また難しい文法に関しても、ちょっと前置詞が違うとかで不正解になったりしますが意味は通じることも多いですよね?

「これで意味が通じないのは理解力がないとしか思えない!」

と憤慨していた方もいたかも知れません。

 

このようなところが大きな問題なのです。

 

学校や受験英語の勉強をしていると、

「英語はほとんど暗記科目じゃないか….」

「一つの最も正しい答えを選ぶのか〜。」

「あそこに線引いて……まずここを見て答えを絞って…..」

とこういう思考が身についてしまいますよね。

 

こうなると完全に暗記と法則で解いていく問題になっているのでまさしく「英語パズル」なわけです。

 

この学校英語が普通の英語と何が違うのかというと、英語が話せるようになった人はみんな決まって同じことを言いますが英語はコミュニケーションツールです。

つまり通じれば良くて、常に正確な文法である必要はない。

英語が話せるようになった人々みんなが口を揃えてこう言います。

 

日本語でも常に正確な文法で話す奴はいませんよね。つまり先ほどのような正確なものを選ぶという思考は大間違いなわけです。

日本の英語教育の過ちが感じ取れますでしょうか。

たとえ形式が間違っていてもなんとな〜く相手につたわりなんとな〜く理解できればそれでいいのです。

 

コミュニケーションってそういうものですよね。たとえ正確じゃなくても伝わることが正義なので、その分野である英語で一つの答えを求めてしまう受験英語は言うなれば「英語のパズル」なわけです。

 

言語は違くてもお互いに同じ人なので理解しようという考えを絶対に持ち合わせています。なのでそれを尊重してとりあえず意思疎通を図ることが重要なのです。

言語はこれでいいのです。

まあつまり英語や言語を習得するにあたって一定の決められた解答だけを求めるのはおかしな話なのです。

日本の英語教育を受けてしまうと実際に会話をするときに正しい一つを選ぼうとしてしまい、言葉が全くでてこなくなります。

 

英語圏の方は日本人が知っている難解な文法や単語に「よく知っているなぁ〜」と関心を示すそうです。

しかし難しいことを知っているのに学校英語のせいで簡単な挨拶もままならない日本人を見て、「なんでこんな簡単なことがわからないんだ???」と感じるようです。

 

ということで日本の学校教育での英語は言語の習得ではなく言語の豆知識というか、不要なところまで網羅する日本独自の学問?というわけです。

日本の英語は一つの正しい形式を大事にしますが、本当に必要な英語は伝わるかどうかということなのです。

このような背景があるため英語を本当に習得したい場合は日本の英語教育から考えを変えるのは必須になるのです。

 

私が言いたい日本的英語教育のダメなところがなんとなくわかったでしょうか。

日本語でも一つのことに対して様々な言い回しがありますよね、答えはたくさんあります。 英語も大体同じなのです。

発音に関してもそうです。

発音は多少変でも誰も気にしません。

 

ネイティヴであるイギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語でも結構違いますし、アメリカの中でも南部訛りがあるとか色々あるわけです。

さらにはジャーマンイングリッシュと言われるドイツの英語だったりアジアンイングリッシュと言われるような発音でも英語をしっかり話して仕事をしている人は居る訳です。

中東?系の英語もまた独特な発音ですが堂々としているはずです。

 

ならジャパニーズイングリッシュがあってもいいですよね。

日本人が発音しやすいのはイギリス的発音なのに日本の教育がアメリカ的発音を目指すせいでそれが混ざった感じとかで出来上がる発音とかで。

そういわれるとなんかカッコよくないですか?

日本でも関西弁や博多弁、東北訛りがあったとしてもそこまで問題じゃないでしょう。外国人のカタコト日本語でも別に気にはしません。

 

日本人は真面目すぎるため気にしがちですが、発音に関しても伝わることが正義なのです。

もし笑う奴がいたらそいつは何もわかってないアホなので堂々と発音しましょう。

 

ここまで長々と日本の英語の過ちについて語ってきましたがこれらはTOEICの勉強をする上でも邪魔になってくるのです。

本当に厄介ものですね。

 

まずTOEICでは受験英語のような小手先のテクニックは使えません。

先に最後の問題から解くとか文章に線を引くとかそういったことは全てTOEICではできないようになっています。

 

そしてTOEICでは難しい文法や単語は少なく感覚的にある程度読めて聞ければ点数が上がっていきます

つまり実用的な文章をいかに早く読んで正確に聞くことができるかテストされているわけですね。

 

なのでもちろん単語や簡単な文法は知っていなくてはなりませんが、大学受験のような難解さはありません。

中学英文法を半分も理解していなかった私が700点は簡単に超えることもできましたし、試されている部分は受験とは違うのです。

問題の選択肢も紛らわしいものは少なく、聞き取りと読み取りさえしっかりできれば頭を使わなくても答えられるものばかりです。

 

このようにTOEICでは実用的な部分でしか問題は出されませんし、人を落とすためのテストでもないのでひっかけ問題も多くありません。

なので受験勉強の時のように文法の暗記やどこをみて答えるとか形式ばかり気にしていると、聞き取る耳や早く読む力がないので全く点数はあがりません。

 

TOEICで高得点を取るためには受験英語みたいな考え方はとんでもなく非効率的なので、この辺りの理解を是非ともして頂きたいですね。

TOEICで最も大事なのは英語への慣れです。

なんどもなんども文章を聞いて読むことでTOEICでは点数が上がります。速さと正確性はそうしないと鍛えられませんから。

 

そしてこの慣れというのが言語学習の本質的な部分だと思いませんか?

我々も勝手に慣れただけで日本語を話していますし、留学生などもそういう環境で慣れて話せるようになっていきますね。

そう考えるとTOEICではしっかりと言語としての英語を試してくるので、ただの暗記科目の受験とは違うのです。

 

ただ900点以上を狙うと細かい知識もある程度詰めていくひつようがあるので、英語を話すためにTOEICを勉強するなら700点前後に留めてもいいかもしれませんね。

 

TOEICの価値

 TOEICの勉強はネイティヴが作った英語話者に近づくためのテストの勉強という認識で問題ないのです。

なぜこんなことを言うかといえばTOEICをやっても話せないから受験英語と同じだ!という人がいるからです。

 

まあ確かに

TOEICで900点とってもそれだけでは英語を話せるようにはなりません。

 

しかしこれは先ほど挙げた日本的な教育とは関係ありません

TOEICにはTOEICの価値がしっかりとあります。

 

日本でのTOEICでは900点とっても英語が話せないのは当然なのです。

なぜかというと、TOEICはリスニング&リーディングですので、聞き取れるかと文章を読めるかを試されているのです。

(なので逆にTOEIC speaking &writingをやれば話せます。)

 

インプットの科目であるTOEICをやっているだけではアウトプットができないので話すことにはつながりません。

 

それじゃあTOEICは無駄なのでは!?と思われるかもしれませんが私はそうは思いません。

よく考えてみればネイティヴに近づける部分があるのです。

 

そう、ビジネス系の英文を読めるようになり、簡単な英語は聞き取れるようになるわけです。

 

私個人の経験では、海外ドラマの英語を字幕なしでもなんとなく理解できるようになりましたし、たまたまほしいものが海外サイトでしかなかった時にはしっかりと読んで判断して買うことができます。

この通り、英語のうちの一部は確実に成果として実感できるのです。

 

英語学習は大きく分けると、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングと分かれて違った技能を習得しなくてはなりません。

そのうち二つをやっているわけです。

基本となる単語や文法は同じですが、リスニングやリーディングでは三単現のSをつけ忘れるとか過去分詞の形を思い出すとかはしなくていいですもんね。

それは一部で他にも違いがたくさんあるので、話せるようになるにはTOEICだけではダメです。

 

まあ今回私が言いたいのはTOEICというのはそれはそれで意義があるということです。

話せるようにはなりませんが、聞けて読めます。

 

また話す勉強をするとなった時、TOEICで点が取れていたならそこで学んだ知識は役に立ちます。

TOEICで点数をとってからオンライン英会話に行けばこちらが返答するときは困ってしまいますが、相手が言っていることは全て把握できるので何も無いよりかなりマシです。

 

あと就活なんかでも役に立ちますし、日本人はTOEICができれば十分なところもあるので価値としては様々なところで見いだせるでしょう。

ただ英語を話すためにTOEICをやるのは大きな間違いということですね。

(逆に英語を話す勉強をしてもTOEICでは効果が薄いということでもあります。英会話教室ではTOEICスコアは上がらないと考えましょう。

 

今回の内容

 

  • 日本的英語(受験英語)は英語習得への道のりとしては間違っている
  • TOEICはネイティヴ的視点でのしっかりとしたテストなのでそういう勉強をしなければならない
  • TOEICの勉強で英語は話せるようにならないけど意味はある

 

TOEICで高得点を取りたければ慣れが重要ですよ。

 

以下の書籍をかなり参考にしていますので気になった方は読んでみてください!

この記事のような考え方に賛成して頂けたのであればこれらは面白いと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です