当サイトと他サイトとの違いについて

 

このページを訪れていただきありがとうございます。

ここでは簡単に当サイトの特徴や他のTOEIC関係のサイトとこのサイトの違いを紹介。当サイトの信憑性の参考のために暇な方は確認してみてください。

自分語り的な面もあるので筆者について興味がなければつまらないかも、、、

 

タイトル詐欺サイトではない!

 

このサイトはよくあるタイトル詐欺サイトではありません。

ここは強調しておきます。

 

よくTOEIC関係のサイトを探すと、

3ヶ月で800越え!

とかを謳っているサイトがあって、「なにそれすごい!!!!」と思わされるわけですが、実際にサイトを訪れてみると基本的に以下の事実がわかってきます。

  • 留学した
  • 600から800に上がっただけ
  • 有名な大学等に入っていて元々英語ができる人だった
  • 1日8時間くらい勉強した

このパターンです。

 

まあどれもウソは言ってないんですけどね……

でもこんなんはっきり言ってYoutube等にあるタイトル詐欺ですよね。

留学は金にものを言わせただけで現実的ではないですし。

 

ただそれくらいしないとTOEICでスコアを伸ばしたアピールができないこともTOEICの難しさを物語っています。

しかし私は実際に英語初心者から半年・独学で、スコア0から800超えを達成しました。(間に複数回受験しましたが)

証拠を晒しておきましょう。

コラじゃないぞ

 

初めて受験したTOEICとその4ヶ月後くらいに受けたものの比較ですが、これだけでも点数を300近くあげています。

(日付でわかりますよね)

そしてTOEICの勉強を始めたのが、初めて受けたものの2ヶ月くらい前なので、全体としてみると初心者が半年で800超えを達成したということになるのですね。

 

英語は高校でのテストは毎回20点代で、大学でも半年で2つの英語が再履修になるというとんでもない経歴の持ち主なので初心者といっても差し支えないでしょう。

大学受験のおかげで基本的な英単語は覚えていたのもありましたが、センター試験では半分もいきませんでしたしやはり英語は苦手でした。

 

そして完全な独学と、1日の勉強時間が2〜4時間程度だったというのも事実でこちらもわりとみなさんにとって現実的だと思います。

なので受験勉強みたいなことはしたくない!とかどこかに通うのは嫌だという方にも希望となるでしょう。

 

つまり私がタイトル詐欺的に書くなら

「初心者が独学で0点から800点まで短期間であげた勉強法」

みたいな言い方も可能です。あらためてみるとすごいなこれは。

ちょっとナルシストになってしまっていますが、一応他のサイトとの違いを強調しておきたいということで勘弁してください。

 

というか事実だし!まあ上の画像だけでも普通のタイトル詐欺サイト並み(300点アップ)のことは達成してるので…….

 

まあここまでのことをまとめておくと、当サイトはタイトル詐欺しなくても

  • 独学でありながら現実的な勉強時間で、初心者から半年で800点超えができる勉強法を本当に紹介できる

ということです。

私は紛れもない経験者なので、その心構えと全ての勉強法を紹介できてしまうということですね。

信憑性はみなさんが判断することですが、先ほどの画像やここまでの紹介だけでみたら高いはずです。

 

これを達成するには超効率的な勉強が必要ですが、それらを全てサイト内で公開してますのでどんどん活用してください。

 

TOEIC攻略に特化 英語の細かい知識を紹介するのは苦手

 

お前そんなこと言ってしまっていいのか….

という部分ではありますが、筆者は英語の豆知識とか正確な知識には自身がありませんので、そのあたりはあまり紹介しません。

 

しかしTOEIC攻略に役立つ知識や先ほど紹介した、短期間でスコアアップのための独自の超効率的な勉強法はどんどん紹介していきます。

私はTOEICしか勉強してないので、英語を話すということやネイティブはこう言う!みたいな知識はてんでだめなんですよね。

 

なのでそれだけは宣言しておきましょう。

そのかわりと言ってはなんですがTOEICの効率的な勉強方法には圧倒的な自身があります。

他にはない、TOEICというテストに対しての本質的な部分で有効なアプローチを紹介します。

例として以下の記事を確認してみてください。

スコアを上げるために最も重要!TOEICのテスト範囲を知れ!

 

TOEICのスコアアップのために重要な情報があります。よければシェアしてやってください。

こんな感じで完全独学、初心者でも短期間でスコアアップ。そのために必要な根本的な部分の情報を提供します。

 

英語の細かい文法や単語などの知識はその道の専門家が書いている優れたものを沢山発見しておりますので、こちらもそれぞれの記事内で紹介しています。

それを使えば私が説明するまでもないのでね。

 

大体こんな感じです。